過酷な避難生活の早期解消によって災害関連死や健康被害の軽減を。

過酷な避難生活の早期解消によって災害関連死や健康被害の軽減を。

お知らせ

ミッション

プレハブでも、既存住宅の借り上げ(みなし仮設)でもない、第三の仮設住宅として「ムービングハウス」、
そしてムービングハウスを用いた応急仮設住宅の社会的備蓄を目指す、官民連携の取り組み「防災・家バンク」を通して、
被災時の災害関連死や健康被害の軽減を目指します。

「ムービングハウス」とは

移動式木造住宅を利用した「ムービングハウス」は国際規格の海上輸送コンテナと形状・サイズが同じに設計された
「完成した一般住宅を応急仮設住宅として利用する」というアプローチで、災害時に迅速に被災地への設置を可能にした、新しい形の応急仮設住宅です。

「防災・家バンク」とは

ムービングハウスを用いた応急仮設住宅の普及を目指す官民連携の取り組みが「防災・家バンク」がはじまっています。
平常時は、宿泊・研修施設等として使用し、災害時には被災地に輸送し、災害救助法に基づく応急仮設住宅として有償で貸し出されます。