ミッション

災害時の応急仮設住宅を、迅速かつ大量に供給し、 被災者の生命、健康への被害軽減へ

近年、相次ぐ大地震や大雨災害などの発生に伴い、いつ、どこで起こるかわからない災害に備え、被災者の住戸を確保するということは国や自治体にとっての大きな課題となっております。

現在、主な応急仮設住宅としてプレハブなどで現地に施工する「建設型」、既存の公営・民営住宅を借り上げて被災者に提供する「借り上げ型(みなし仮設)」が採用されています。

しかし「建設型」は被災地での施工に時間を要す、「借り上げ型(みなし仮設)」は被災時に必要数を確保できない場合があるなど、懸念される点も少なくありません。

応急仮設住宅に「移動型」という選択肢

私たちは移動式木造住宅を利用し、被災地に迅速に設置できる「移動型」の応急仮設住宅「ムービングハウス」の普及促進と、災害時に被災地への大量供給に備えるべく「ムービングハウス」の社会的備蓄に向けた官民連携の取り組み「防災・家バンク」をスタートさせるなど、「移動型」の応急仮設住宅の普及活動を行ってまいりました。

その活動は、2018年に災害救助法に基づく応急仮設住宅として「ムービングハウス」が採用され、その後も日本各地の被災地等で「ムービングハウス」が利用されるいたっております。

新しい応急仮設住宅の選択肢として「移動型」の「ムービングハウス」がより広く認知され、利用されることが災害関連死、健康被害の軽減に繋がると確信して、これからも「ムービングハウス」の普及、推進のための活動に邁進してまいります。

ホーム > ミッション